H29年11月19日 第7回大会「神戸マラソン」

神戸マラソン特集
(来賓としてスタートセレモニーに参加)

(井戸兵庫県知事による第1ウエーブ(午前9時)の出発の号砲)

(第1ウェーブ号砲のあと、急いで第2ウェーブ最後尾に並ぶ直前)

(井戸知事並びに久元神戸市長に挨拶としながら元気よくスタート:午前9時25分34秒)
*ほんと最後尾のスタートですので後ろはほとんどいませんでした*

(鷹取駅前にて:まだ余裕があります)

(舞子公園手前にて:カメラに気づかず通過しそうになりました)

(沿道で応援してくださった山田西区伊川谷消防支団長に激励されました!)

(折り返し目指して軽快に走っています)

(舞子公園に折り返しから戻ってきました)

(和田岬あたり:走っているようですがカメラの前だけです(笑)

(ゴール! 午後3時15分08秒)

(後姿が疲れを感じます)

(最後はFINISHERタオルとメダルで。)

(帽子をとってもう一枚)

(神戸マラソンの完走メダルも4個となりました!)

今回のマラソンは私にとってリベンジのマラソンでした。
昨年第6回大会で左足の痛みのため、前回までの折り返し地点(舞子公園)であえなくリタイア。後日病院に行ってレントゲン撮影をしてもらい見ていただいたところ、「足底筋膜炎」をおこしていると診断され棄権した判断も仕方なかったのかなと思いつつも、基本的には自然治癒しかないみたいで、あきらめていましたが、足の負担を少しでもなくそうと昨年より10キロ近く減量しての挑戦となりました。まだ、足底に若干痛みは感じるものの、昨年ほどのことはなく、ともかく今年は昨年リタイアしたところまでは歩かずに走るんだという思いで挑みました。写真のメダルと一緒に写ってる昨年のゼッケンをポーチに入れて昨年の黄色い手袋を最後まで身に着けて歩ききることができました。その都度先回りして応援してくれたり、20キロ地点からはハンガーノック状態になり須磨でパンの差し入れをしてもらったりして支えられてゴールできたことに感謝しています。同時に開港150年で盛り上がる沿道の方々の声援は言うまでもなく、私をゴールへと導いてくれました。
目標は6時間切りの5時間55分。午後3時20分と3日前のブログで書いていましたがほぼ予定通りの結果となりました。
ちなみに最初の10キロは1時間あたり8.8キロ。(次の10キロ)20キロまでは1時間あたり8.2キロ。(次の10キロ)30キロまでは1時間あたり6キロ。(次の10キロ)40キロまでは1時間あたり6.5キロ。最後の2.195キロは1時間あたり7.9キロ。
結果をみると20キロからの足の痛みとハンガーノックの影響が目の当たりに感じます。30キロ以降はゆっくりですが空腹を満たしたのですこしだけペースを上げることができました。最後のゴール地点はまだ踏ん張れる余力を残してのゴールとなりました。
@昨日の万歩計(フィットビット使用)では始めて65,000歩超でした@

H28年11月20日 第6回大会「神戸マラソン」

3年ぶりに神戸マラソンに。歩ききる自信を持って臨んだのですが、思いもよらね第4関門で失格。あと2分。それでも2分も。準備不足もたたり、過去の経験もあるので慣れもあり、かなり甘く見ていたせいであると反省しきり。足はつり、引きづりながらのリタイアは大変悔しい思いがしました。第2ウェーブでの出発であり、第1ウェーブのスタートから約25分後のスタートも大きく影響したとはおもいますが、今回第4関門(折り返し)で引っかかってなかっても目標の完歩は無理だったかもしれないほど足にダメージを受けました。それでも沿道から大勢の方々に声を掛けていただき激励して頂いて本当に参加できてよかったです。なかには栄駅で駅に立っている方ですよねとまで言っていただいたりと感謝、感謝のマラソンでした。

H24年11月17日 第3回大会「神戸マラソン」

一昨日は第3回神戸マラソンに出場し、無事完歩(完走)致しました。昨年よりも1時間以上遅く、過去2回の中では、一番遅いゴールとなりましたが、何とかゴールできてほっとしております。当日は天候にも恵まれ、沿道の声援やボランティアの方々の温かいおもてなしのもと、最高のマラソン大会でした。関係者の皆様に感謝申し上げます。ただ、(今回のマラソンを振り返り、自分自身反省をしなければいけないことが山ほどあります。そのことを踏まえて今後の活動に生かしていきます。)
さて、昨日は足の痛みを堪えながら、伊川谷駅に朝立ち。フルマラソンの翌日くらいはと思いましたが、今月は視察等で日程が十分確保できないので、弱音を吐かずに、元気一杯朝の挨拶。すると神戸マラソンで沿道でボランティアをしていた高校生から、「神戸マラソンお疲れ様でした!」と声をかけてもらい、勇気100倍。今回、完走した以上に「うれしい」出来事でした。ありがとう。
昨日も午後9時ごろまでフル回転。帰宅して風呂も入らずにバタンキュー。今朝はおかげで3時半には目覚め、朝風呂に入ってブログしています。今日は8時過ぎには県庁に登庁しなければいけないので、朝立ちは中止。(今のところ雨が降っているので、気分的には中止にしてほっとしていますが・・・。)9時からは農政環境常任委員会の管内(東播・淡路地区)調査に出ます。
神戸マラソンでは、体調を十分調整できず、自分自身情けない想いをしましたが、23日の六甲全山縦走大会では悔いのないようにしつかり歩きたいです。

H24年11月25日 第2回大会「神戸マラソン」

11月25日 晴天のもと、第2回神戸マラソンが開催されました。昨年第1回に引き続きの参加です。
2週間前の六甲全山縦走で少し膝に不安を感じていましたが、昨年の記録を40分以上短縮する5時間33分でゴールしました。
今回は「まずハーフまでは2時間半以内で走る。そこからは早足で歩き切る。目標タイム6時間切れの5時間55分55秒。」で臨みました。
沿道での多くの人の声援に支えられ、また、知り合いにも激励され、後半かなりペースは落としたものの、ほぼ想定通りに関門も通過し、目標を上回りゴールすることができました。(入念な計画と無理をしないプラン、そして最後まで諦めない精神力。練習らしい練習もせずに山登りで鍛えた足のおかげで、この体重をカバーしながら完走できたことに満足しています。)
大会そのものは2回目と言うこともあり、1回目よりもいろんな面で改善されており、大会関係者のご苦労が垣間見られました。今回の大会で感じたことは委員会や政調会等を通して発信してまいります。